2017年09月04日

メキシコの香り

今日は、メキシコ大使館主催のお料理セミナー「第二回マヤの恵」に参加してきました。
シェフは大使館専属のVictor Velazquez氏。若干30歳のはずが、すでに50歳位の貫禄が・・

会場には5種類のチリが並び、お料理が始まると本当に良い香り。
なんてったってチリでダシを取るくらいですから。
本日はモレ中心のメニューだったので、どのお料理もまずは材料をミキサーに入れてソースに。
ふと、メキシコ料理におけるサルサの重要性を感じます。

ここで、骨つき肉を持った原始人風のシェフが登場。
オリジナルの石臼でカカオを粉砕して砂糖、シナモンを入れてモレに加えます。
カカオと言えば、来年からMeijiがメキシコのカカオでチョコレートを販売するようで、今日来ていた社員の方が、「メキシコのカカオ農園と契約しました!Meijiのメキシカンチョコお楽しみに!」と思いっきり宣伝されていらっしゃいました。

帰り際に、「アイさ〜ん、久しぶり〜〜」
おお、山梨のレストランぴかぴか(新しい)タコドールのシェフと感動の再会!!
このお店では本場のメキシコ料理がたべれるんですっ。
最近はメヒコ野菜(チリ、トウモロコシ、トマテなど)を育てているとか。
季節限定の野菜セット晴れ作ってください!とお願いしてみました。
皆様も河口湖行ったら是非寄ってみてくださいネ。
http://r.goope.jp/tacodor

FullSizeRender 3.jpgIMG_2578.JPG
IMG_2581.JPGIMG_2579.JPG
posted by ちいさなスペイン語教室 at 23:07| AIのつぶやき