2018年01月14日

アートワークショップ

先週末はアートワークショップを開催しました。
スペイン語プレートチームとカラベラチームに分かれて色付けスタート!

ースリランカ旅行で見た風景を再現される方
ーサグラダ・ファミリアと好きなフレーズを描く方
ー2月が誕生日のお母様へのギフトを制作されたり
ーちょっとシックなカトリーナ様を目指して色つけしたり
ー思いっきり骸骨感溢れるカトリーナ様にしたりと、
それぞれの色をつけ世界で一つの作品ぴかぴか(新しい)になりました。

わーい(嬉しい顔)お皿を焼いて、ペンダントのコーティングをしたらまたアップします。
今回も皆さんの素敵な作品から沢山インスピレーション受けました。Gracias y buen trabajo!!
IMG_3812.JPG
posted by ちいさなスペイン語教室 at 22:04| ワークショップ

スペイン語ガイド

晴天の金曜日。
元気いっぱいのBaltazarファミリーと一緒に東京観光に出かけました。
「僕たちの町は建築法で規制されていて教会以上の建物はないんだよ。
大都会、東京!ここ日本には驚くために来たんだ〜〜(笑)」

-Ai, no dejes de asombrarte.(人生は驚き続けないとね!)
と言うことで・・
あれは何?これは何?
東京はいつ出来たの?人口は?
僕たちの干支は何?何を表すの?
おみくじで凶がでた、どうしよう?
日本人はどうして生卵食べるの?

見るもの全てが不思議なようで、疑問が止まりません。
当たり前のことが、違う視点で見れることは、とても新鮮で大切なこと。

日本で寿司を食べるのが夢だったBaltazarくん。初寿司に挑戦。
念願の握り寿司は、「サルサしょーゆにつけて食べるんですよ」と指導したまま一瞬目を離したすきに(わたくしは自分のカツ丼に夢中だった)
まさかの味噌汁に寿司を浸しているではありませんかっっ。(汗)
こ、こっちじゃないからと、醤油の小皿を教えて、次からはそっとつけると思いきや、、
小皿に乗せたままドボドボと醤油をかけまくっていましたので、もはや刺身の味はしていないと思います。
付け合わせのガリには相当お口がヒリヒリしちゃったみたいで、しばし沈黙。
美味しかったと付き合いで言ったものの、皿には高額商品のイクラが、、寂しく残る。

気を取り直して水上バス、浜離宮、抹茶体験、
最後は貿易センタービルで「この景色、合成みたいーーーー」と大はしゃぎ。
目を離した隙に、柱のコンセントで勝手に充電していてスタッフに怒られるの巻。

展望台から見た東京が昼から夜の顔に変わる瞬間は、私も初めての体験。
彼らが言っていたことは本当でした。
En la vida, !no dejes de asombrarte!
いつも驚きの心を忘れずにいきます。
貴重な体験をありがとうございました。
IMG_3794.JPG

***
なんと後日、お教室にも遊びに来てくれました!
「ここ日本なのに日本じゃないっ(笑)素敵な隠れ家だねぴかぴか(新しい)
わーい(嬉しい顔)また寄ってください〜。
IMG_3802.jpg
posted by ちいさなスペイン語教室 at 21:30| AIのつぶやき