2018年02月27日

映画情報

hqdefault.jpg
メキシコをテーマにしたディズニーの最新映画、「リメンバーミー」3月16日公開です。
ディズニー作品の中で、ここまで!ある国の習慣にスポットを当てた作品はなかったと思います。

「メキシコは、なぜこんなにカラフルでガイコツなのか?」
世にも不思議な習慣ーDía de muertos 死者の日ーの答えは、丸ごと映画の中にあります。
子供向けとは思えない(笑)、カラベラ度200%!!の映画ぴかぴか(新しい)

ダイジェスト版を見ましたが、音楽・映像・ストーリー共に全て素晴らしい。
スペイン語版はスペイン語圏のみのよう・・
わーい(嬉しい顔)でも、Youtubeには既にスペイン語での見所がアップされてます。
https://www.youtube.com/watch?v=I__k6mx6ScI

公式HP
リメンバーミー(Recuérdame)
http://www.disney.co.jp/movie/remember-me.html
posted by ちいさなスペイン語教室 at 10:24| お知らせ

2018年02月23日

2つの写真展のお知らせ

現在、スペイン大使館とセルバンテス文化センターでは2つの「写真展」を開催中です。
いずれも入場無料ですので、お近くの方は是非覗いてみてはぴかぴか(新しい)

ホルヘ「コケ」ガンボア写真展
テイロナ文化で宇宙の中心とされるシエラ・ネバダ・デ・サンタ・マルタの先住民コミュニティの先祖伝来の伝統儀式を示した写真展。そこでは母なる大地と聖域にいる先祖が称えられる。
先住民族共同体の治癒の儀式にしたがって、母なる大地に挑んだ彼らの足跡を辿っていきながら、壮大な生態系と自然の保護を訴える写真展。
会期:2月22日〜3月21日
会場:インスティトゥト・セルバンテス東京 2階ギャラリー
http://tokio.cervantes.es/jp/culture_spanish/activities_cultural_spanish.htm
******

「ホンド」写真展
ホンドは近年で最も有名なフラメンコアーティストらを写した30点の写真展で、
写真家はセビーリャ出身で日本在住のホセ・マヌエル・ラミレス氏です。
彼は約30年のキャリアを持っており、日本に定住する2012年までに世界中を旅し、アメリカ、ドイツ、ポルトガル、日本、中国で暮らした経験があります。
フリーランスの写真家としてのキャリアの中で、彼はグリンピースや赤十字、ユニセフなどのNGO団体と共に活動し、更にスタッフや、エフェ、ヨーロッパプレス、IPAプレスなどの報道写真業界や、エル・パイスやビルトなどの新聞社と協力しました。
会期:2月8日〜3月2日
会場:スペイン大使館
https://www.facebook.com/embespanajapon/
posted by ちいさなスペイン語教室 at 23:08| お知らせ

2018年02月21日

スペインからのお客様

Buenas noches三日月寒い日が続いていますね。
まだまだインフルエンザが流行っていますので体調に気をつけてお過ごしください。

今週、スペインからのお客様を迎え「アートワークショップ」を開催しました。
「ángel-天使-ぴかぴか(新しい)」をテーマに絵を描いているのは・・
フラメンコ舞踊家のエドワルド・クラビホさんと笑顔が素敵なマサコさんです。
下絵を描いて筆の練習をして、さあ本場っ。
お二人の個性が光る、とても素敵な作品に仕上がりました。
チュッ楽しいひと時をありがとうございました!!
IMG_4171.JPGIMG_4173.JPG

Eduardoさんの踊りは以下Youtubeで見れます(2曲)
わーい(嬉しい顔)歌もギターもスゴイっ♫益々のご活躍を!
https://www.youtube.com/watch?v=RlFO7Wmvhig
****

今週はスペインからのお客様が続きます!
今日はフラメンコ歌手のReyesが遊びに来てくれました。
Reyesは私の歌の先生で、去年のスペイン以来の再会ですわーい(嬉しい顔)
彼女をイメージして作った赤いバラをプレゼント黒ハートこれからも素敵なカンテを楽しみにしています。
S__7372824.jpg
posted by ちいさなスペイン語教室 at 21:32| お知らせ

2018年02月17日

古代アンデス文明展

IMG_4083.JPG

上野の美術館では来週から「プラド美術館展」が開催ですが、
その前に国立科学博物館にて開催中の「古代アンデス文明展」にダッシュです!
今週は会期最後の週と言うことで、なかなかの混雑ぶりでした。

アンデス文明は、紀元前1万3000年から16世紀にスペイン人によってインカ帝国が滅ぼされるまでの約1万5000年の間、南米大陸の太平洋岸にて展開された文明の総称です。
今回の展示では、マチュピチュやナスカ、シカンなど多くの古代都市で成長し滅びていった多くの文化を、約200点もの資料から知ることが出来ます。

ナスカの地上絵は何のため?
アンデスの人たちにとってお金には価値がなかった?
文字がなかったのにどうやって伝えたか?
なぜ100人程度のスペイン人にいとも簡単に制服されたのか?
生贄の儀式やミイラを作る意味とは?

時を超えた展示物が、疑問にこたえてくれます。
本気のミイラ、ジャガー神の黄金マスク、絵付けが可愛い土器も気になったのですが、面白かったのは「アンデス風最後の晩餐」、一見普通の絵に見えますが、、よ〜く見るとメインのお料理が、クイ君(テンジクネズミ)で、飲み物もチチャ(トウモロコシ酒)で描かれています。
中程にアンデスの自然を知る映像コーナーがあり、美しい自然と奥深い歴史に感激した午後でした。
パンダカフェで休憩したら、南米お食事会へ直行。

レストランに着くと誰も時間どうりには来ていないところがラテンぽくていいですが、
久しぶりにキューバとボリビアのスペイン語講師の方々と再会。
当初はお料理や下ネタで盛り上がっていたものの、政治問題(あらあら)で激論を始め、、
最後はスペイン語文法–seの使い方について–の話で収まり、貴重な意見交換ができました。

ここのお料理がこれまた最高で、南米(メキシコ・ペルー・キューバ中心)の美味しい1皿をセレクトしてメニューにしています。隠し味のミントが所々に効いていてセンスを感じました。
ランチのキューバサンドが気になります。お近くの方は是非!

中南米レストランShango(荏原町)
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131712/13214112/
posted by ちいさなスペイン語教室 at 22:29| お知らせ

2018年02月16日

ワークショップ作品

先日の「アート講座」より皆さんの作品です。
お好きなフレーズを入れたり、ペンダントの裏面に文字を入れたり個性ある作品に仕上がりました。
Yo camino indiferente allí donde me quieran llevar.(このまま変わることなく、運ばれるままに歩いていこう)
La mejor medicina;la cocina.(最高の薬は、良い食事)
Vamos a jugar juntos.(一緒にあそぼっ)
わーい(嬉しい顔)皆様、お疲れ様でした。明日からお渡しです。お楽しみに!!
ぴかぴか(新しい)次回は3月25日(日)12時〜です。
IMG_4071.JPG
posted by ちいさなスペイン語教室 at 22:22| ワークショップ