2018年04月11日

スペイン語の出会い

今週は、スペイン語が繋げてくれた新たな出会いがありました。
今回初めてネイティブの先生と組んで企業のスペイン語講座を担当したのですが、目から鱗。
ベテラン大先生の背中をみて、ああ、こういう風に説明したらもっと分かり易いだ等、沢山発見がありました。その先生が言っていましたが、「私たちは教えることで、同じくらい学ぶんですよ。」
ああ、本当にそうだなと思いました。
より分かりやすい教授法を整理して、今後フィードバックして行きます手(グー)

++++
そしてもう一つ嬉しかった事は、出張先の札幌にて。
わーい(嬉しい顔)元生徒のTomokoさんと5年ぶりの再会。今もスペイン語を続けているようで嬉しいです。
IMG_4467.JPG IMG_4464.JPG
まだ雪が残る札幌ですが、フキノトウがそこらじゅうに芽を出して春間近です。
伏見神社で、私は松ぼっくり、Tomoさんはフキノトウ狩り(おかずになるらしい)に夢中になっていたらエゾリスがこちらの様子をうかがっています。エゾリスですよ、この子黒ハート!*画像はWebより
IMG_4478.jpg

もっと近くでモフモフを見ようと、そこら辺の松ぼっくりを拾って、
「センパイっ、食べ物を持ってきましたっ」と右手を振り上げ差し出すと
なんと、こちらを見ています。しかし次の瞬間!!
バーカと言わんばかりにあっという間に消えてしまいました。(目がいいのね)
他にも面白いことがあったのですが、今日はこのくらいで。
IMG_4482.JPG
posted by ちいさなスペイン語教室 at 20:29| AIのつぶやき

バレンシアより

現在、スペインへ短期留学中の生徒さんよりレポートが届きました。
つい数日前に「バレンシアの日」のお祭りに参加されたようです。
Nobuさん、ありがとうございます。スペイン満喫してくださいね。
わーい(嬉しい顔)次回レポートもたのしみにしています。
+++++
先生、Hola〜!
カテドラルに向かう大通りでは、中世の衣装で着飾った女性と子供たちのパレード、その後ろに、黒服、一部モーニング姿の男性が続き、さらにその後ろから黒服のブラスバンド。

パレードは、幾つかのブループに分かれていて、各グループの先頭には、何かの紋章の旗、又は、守護聖人ビセンテ・フェレール刺繍画、花飾り等々ヨーロッパの古くからある街には、それぞれの街、村の紋章があるようなので、パレードの先頭の旗は、それらの紋章なのかも。

11時頃、教会の鐘が一斉に鳴り始め、町中の教会の鐘が鳴っている感じ。そんな中、パレードは途切れることなく続ています。カテドラルには更に大勢の人また人、12時には、カテドラルのベルタワーからは、一段と大きな鐘の音。カテドラルの後ろが広場になっているので、皆さんそこから、隊列を組んでパレードを始めているようです。

カテドラルの周囲は、人で溢れていましたが、カテドラルの中では、静かにミサが執り行われていました。牧師さんの話の合間に演奏されるパイプオルガンと、オルガンに合わせて歌われる賛美、パイプオルガンとテノールの歌声がとても印象的でした。
パレードの写真を送ります。
P1.jpg
posted by ちいさなスペイン語教室 at 20:05| お知らせ