2018年04月25日

スペイン語ガイド

今週、スペイン語ガイドに行って来ました。
今回アテンドする二人は特に浅草でやりたいことが色々。
着物を購入したり、おみくじを引いたり、お線香をお供えしたり、芋きんを食べたり。
「あとね、将軍の茶屋にも行きたいデス」
わーい(嬉しい顔)将軍茶屋?あっ、浜離宮のお茶屋ですね。この後、水上バスで行きましょう。

おみくじは、何故か凶(また?!)が出ていましたが・・気にする気配が全くありません!
そして、念願のお線香お供えタイム・・。何やら祈りを捧げ、
あの浅草寺の手前にあるデッカイ香炉に厳かに近づきます。
私は正面からの撮影隊に徹していて一瞬目を離した隙に・・
「あっ、アッチッチーーーっ。」
奥まで手を入れ、相当熱かったようです。(凶って、このこと?)

そのあとは、着物を試着し「日本人のヒョロヒョロ男子より全然カッコイイっ」と店員さんに褒められ、前世は日本人だと確信したようで何の迷いもなく即購入、終始ご機嫌でした。

雨の浅草は、いつもとは違った風景。
浜離宮庭園での森林浴では一緒にリラックス♫
最後の展望台では東京の魅力を再発見。移動も多かったですが、
カタルーニャの事や最近のスペイン事情など色々お話出来て
新たな発見の一日でした。ありがとうございました!!
IMG_4602.JPG IMG_4603.JPG
posted by ちいさなスペイン語教室 at 22:39| AIのつぶやき

バレンシア(3)より

スペイン・バレンシアへ短期留学中の生徒さんよりレポート第3弾ですぴかぴか(新しい)
Nobuさん、ありがとうございます!!

ーーー
AI先生〜!ここスペインも少し春らしくなりましたが、まだ朝晩は冷えます。
それでも、日中日差しがでて、暖かく感じられる日などには、半袖、ノースリーブで歩いている人も見かけます。ここの人鈍感なのか、皮下脂肪が厚いからか?欧米人は寒さに強いです。
バレンシアの街、中世からの城塞都市、南は海で以前は西から北、そして東の方へと大きく迂回するようにトゥリア川が流れていました。
70年ほど前に、トゥリア川が氾濫し、大きな被害を被ったことから川は迂回され、元の川筋は緑地公園となってます。
DSC01579.jpgIMG_0536.jpg

城塞都市バレンシアの城壁は、全て取り壊されて、今残っているのは、城塞の門が2つだけで、城塞内の、旧市街地の建物は中世の面影を残していますが、旧市街の外には、近代的なビル群が見られ、特に、旧トゥリア川の川床を利用して建てられた、芸術、科学都市は、近未来を思わせる斬新な建築群が見られます。写真は、バレンシア市庁舎とセントロ(中心街)の街並みです。

もう2枚は街の中心街を離れた、郊外の近未来建築。
この辺りには、近未来的な建築物が見られ、芸術、科学都市と呼ばれています。
オペラハウス、科学技術博物館、プラネタリウム、ヨーロッパ最大の水族館等々、中世の街並みとは対照的な近未来建築群もお送りします。
DSC01698.jpgDSC01696.jpg
posted by ちいさなスペイン語教室 at 21:41| お知らせ