2019年02月09日

第1回Café español

ー第1回 Café españolのお知らせー
お茶を飲みながらスペイン語トークに挑戦⁈!する会を開催します。
聞いているだけでも全然OKです。お気軽にご参加ください。
日時:2月24日(日)15時〜16時

今回は中国茶を研究されている生徒のYoriちゃんを囲んで
お茶を頂きながらエスパニョールな午後を過ごします。
ネイティブゲストが遊びに来てくれるかも♪

*生徒さん対象の会です。会費はありません(わーい(嬉しい顔)お茶菓子の持ち寄りお願いします)
*お申込み・詳細は先生まで。定員になり次第締切ます。ぴかぴか(新しい)空き1名デス(2/12)

IMG_7424.JPG

ーーー
IMG_7448.jpg
先週は、Café español予行演習会。
以前から中国茶が大好きでファンなのですが
実際に目の前で淹れて頂くと茶器も素敵ですし香りに癒されます。

今回頂いたのは「龍鳳狭」というお茶。
中国茶について簡単にスペイン語で説明できるように参加の方と一緒にまとめてみました。
La tradición de tomar té en China tiene más mil años.

Originariamente, el té chino fue tomado como medicamentos.
Pero ahora mucha gente lo toma para relajarse y pasar un buen rato con sus amigos.

Esto es el té wulong de Taiwan que se llama “Ryu hou kyou.”
Ryu hou kyou está situado en el centro de Taiwan donde produce este té.
Está en San rin shi que es uno de los lugares famosos de la producción de té.
Como San rin shi está en más de mil metros sobre el nivel del mar,
este té se llama “Té de la alta montaña (高山茶).”
Es famoso por la fresca fragancia.
En chino, se dice “Chin shan(清香)”



-Manera de tomar el té chino-
1, La primera tazita -disfrutar la fragancia
2, La segunda tazita- disfrutar el sabor
3, Después de la tercera tazita- disfrutar el cambio del sabor

1煎目は香り、2煎目、3煎目以降は味を楽しむそうです。
憧れの中国茶をお教室で頂けるなんて夢のよう。
Yoriちゃん、よろしくお願いします。ありがとうございます!!

IMG_7442.JPGIMG_7443.JPG
posted by ちいさなスペイン語教室 at 21:17| お知らせ

2019年02月05日

Buen inicio de la semana.

Buenas noches.このところの寒暖差で風邪引いてませんか?
インフルエンザもまだ猛威を振るっているので、どうかお気をつけて。

早いもので、もう2月ですね。今年は新しいイベントをスタートしようと思っていて、
まずは1月24日(日)に「スペイン語お茶会–Café español–喫茶店」を予定しています。
また3月からは月1回ネイティブゲストを招いて「スペイン語の読み物–Club de lectura-」を開催します。詳細決まり次第アップします。

また今月はスペイン語ガイドでブラジルからのお客様をアテンドします。
スペイン語とポルトガル語の違いやブラジルのお話が楽しみです。

皆様、今日からまた真冬です。体調に気をつけて良い一週間をお過ごしください。
わーい(嬉しい顔)Que tengan un buen inicio de la semana.
ーーー

今日は友人のPatyちゃんと打ち合わせ。
ビーガン料理を教えてくれた共通の友人(コロンビア人シェフ)が日本を発つ事になり二人で贈り物をすることに。
テーマは、友人が滞在した4つの国(コロンビア・フランス・シンガポール・日本)&野菜と果物。
当初はエプロンに描こうと思っていましたが、せっかくなので飾れるような仕様にしました。
IMG_7388.JPG IMG_7403.JPG

今日は作品に入れる文字を相談。これがいいじゃないの、あれがいいじゃないの。
ぴったりのフレーズがなかなか見つからず...Paty,te dejo en tus manos.(あとはヨロシク)
IMG_7415.jpg

このビーガン料理会で出会った駐在員の奥様方(ベネズエラ・スペイン・コロンビア)は、既に半分の方が次の国へ旅立って行きました。
「数年毎に文化も言語も全く違う国に住むのは大変ではないですか?」と尋ねたら
「その場その場で流れて行く時と出会いを楽しんでいるから楽しいですよ揺れるハート」と答えてくださいました。

人生それぞれの瞬間を楽しもう!
Disfruta cada momento de la vida.
posted by ちいさなスペイン語教室 at 22:49| ワークショップ

2019年02月01日

ラ・アラシタ2019レポート

IMG_7379.JPGIMG_7380.JPG

今週セルバンテス文化センターで開催された「La feria de Alasita.」の様子です。
ボリビア大使のご挨拶に続き、友人のハイメ先生も乾杯の挨拶。
南米から来た、この斬新で新鮮なお祭は、もしかしてポスト死者の日?!
大使も「日本でこのお祭りを全国に広めたい!」と意気込んでいらっしゃいました。

ボリビアの首都La pazで毎年1月24日〜開催される“アラシタ祭”
このお祭りのメインはアンデス地方の福の神「エケコ」と「ミニチュア品の市場」
おそらく、この人形をチチカカなどの南米雑貨店で見たことがある方は結構いると思いますが
これが一体何なのか?は意外と知らない方が多いかもしれません。
エケコはチョビ髭を生やした笑顔の人形で表現され、叶えたい願いを象徴するミニチュア品を持たせ繁栄を祈願します。

エケコそっくりのリアルおじ様が登場した頃には、主催の方々総出で皆にミニチュアのお金を配っています。
「え、これ、、すごく良く出来てる、ニセ金みたいね(ヒソヒソ)」会場は騒然。
ボリビア音楽が始まると躊躇することなく大使館の方々がハンカチを降りまくって踊り出し、ハイメ先生も「いやー、俺は恥ずかしくて踊れないよ」と言ったのもつかの間、美女の誘いを受けて1秒後には躍り出ているではありませんかっ。

いい汗をかいている先生を横目に、地元のスイーツやワイン・トウモロコシドリンクをいただきます。
ふと「アイさん、久しぶり〜」と声をかけてきたのは日本ボリビア協会のAさん。
最後に会ったのは確か数年前「俺は3ケ月南米に行く」と言って、その後消息不明だったので、ご無事でよかった。
おそらく80歳は過ぎていらっしゃると思うのですが、ライブの終わりに皆と一緒にラインダンスを踊っていらっしゃりました。

画像は頂いたミニチュアのお金ぴかぴか(新しい)
今週末レッスンの方へ「栞」として勝手にプレゼント。
よく見るとボリビアの紙幣ではなくて100ドル札。夢よ、叶え!!
やはりスペイン語の世界は奥深くて面白い。!Viva Bolivia!
IMG_7381.JPG
posted by ちいさなスペイン語教室 at 23:38| AIのつぶやき