2019年11月05日

スペイン語ガイド

Buenas noches todos.
ポカポカ陽気の秋晴れが続いていて嬉しいですね♪
わーい(嬉しい顔)皆様、良い一週間をお過ごしください。
Que tengan un buen inicio de la semana.

今日はスペイン語ガイドでMadrid在住のゲストをご案内しました。
谷中銀座、お台場、水上バスで日の出桟橋へ・・
最後は世界貿易センターの展望台で移り行く景色を楽しみました。

世界中を旅するお二人は色々な事に興味津々。
お寺と神社の違いや、今も日本人は布団やちゃぶ台を使っているの?
富士山は何千メートル?東京の人口は?キャプテン翼のグッズ売ってる店を知ってる?など様々な質問が飛んできました。
わたくしも負けじと?!以前から気になっていたスペインのReferendum(国民投票)の事やカタルーニャ情勢、南米(チリやベネズエラ)問題を投げかけてみました手(グー)

水上バスからは、どこまでも青い空と水面にキラキラする波の色が見え、
展望台では、夕焼けから宝石箱のような夜景へ移り変わる魔法のような瞬間がありました。

貴重な機会を頂いた二人に感謝です。
Laura y Pablo, un placer conocerles, hasta pronto amigos.

IMG_9845.JPG
posted by ちいさなスペイン語教室 at 20:48| AIのつぶやき

2019年11月04日

スペイン語圏のお盆(11月1日)

IMG_9798.JPGIMG_9799.JPG

昨日のスペイン国営放送を見ていたら、11月1日のスペイン語圏のお盆について紹介していました。(写真左)
メキシコ以外の国でお盆は「Día de todos los santos」と呼ばれることが多いようです。
レポートによると、スペインでは年々この時期にお墓を訪れる人は減っているようで、墓地周辺でお仕事に従事する人たちは浮かない顔。
お墓に供えるお花(カーネーション)はコロンビアから輸入しているとのことで、コロンビアまで飛んで取材していました。
この時期にスペインへ行ったことがありますが、厳粛な雰囲気でビックリした記憶があります。
どこにもガイコツがなく、ガハハと笑っている人などいなくて、みんな真面目にお墓を訪問。それに比べて、、

メキシコのお盆は、皆さんにはお馴染みの「Día de muertos」
街中にガイコツが溢れ、家族総出、テキーラ片手にほぼレジャー感覚でお墓に出かけます。
取材班は、この時期の保育園を訪問。子供たちが祭壇を作ったり、ガイコツの歌を歌いながら陽気に踊る姿をキャッチ。カラフルな砂糖ガイコツも出ていました。(写真右)
各地でパレードが開催され、この珍しいお祭りを見るのに観光客が増加しているようです。
スペインのお盆も、これを逆輸入したら盛り上がるかもしれませんね。
思い起こせばメキシコ留学時代に、色々やんちゃな思い出がありますが、20歳の誕生日にホールケーキに顔を突っ込んだのと、顔をガイコツにペイントして大騒ぎした記憶が懐かしい。

よく、メキシコの魅力は何ですか?と聞かれることがあります。
例えバスジャックにあっても、高山病になっても、買ったものがすぐ壊れても、ツルツルの床で豪快にすっ転んでも行き続けるには理由があります。
何ですかね、一言で言うと、いちいちオモシロイんです。
これは是非行って体験してほしいです。

死者の日のパレードの様子
https://www.youtube.com/watch?v=SxXQL5qPZZ0

死者の日の歌といえば、コレ!「Llorona」
https://www.youtube.com/watch?v=HbArs0vr3gI

そして、ちょうど10月30日からメキシコ・グアナファトに滞在中の生徒さんから写真が届いたので紹介します。街は、Día de muertosで大盛り上がりのよう。
街中はやっぱりカラフルで素敵、モレも美味しそうです。
わーい(嬉しい顔)Nao-chan,写真ありがとうございます!Buen viaje.

IMG_9797.JPGIMG_9796.JPG
posted by ちいさなスペイン語教室 at 10:08| AIのつぶやき