2017年08月02日

メキシコレポート2

ここに来るといつも想定外の事が色々起こります。諸事情によりネットが繋がらず圏外でしたがメキシコ人になったつもりで過ごしております。
***

「明日の朝、5人で旅に出るよ。」
準備をして待つも運転手が現れず出発は1時間半遅れ。
ようやく現れたものの、呼んでない人が助手席に座っていて(6人⁈)、定員オーバー。
後部3人席に4人はキツイ…お尻が痺れる事、2時間。
てか、免許証が3000円位で買えちゃうココで高速道路を走るのに、シートベルト無しは危険すぎます。*良い子の皆は絶対真似しないでね。
更に運転手が、地図が苦手な為、迷走して事故りそうになること2回。
高速の行き先が別れるところで止まって選ぶのはホント危ないですよ。
途中、隣を走る豚トラックの1匹が血だらけだったんですがブタ同士の闘争でしょうか。

迷いながら何とか着いた第1目的地は、最近出来たイタリアのテーマパーク。トスカーナ村?
2時間歩き回り、目新しいものは特になく普通のジェラートを食べて退散。

ようやく本来の目的地Tlaxcalaに着く頃には日が暮れていました。
まだ時差ボケで調子悪く豆のスープしか食べれない誰かを横目に、肉食系女子達は食うわ食うわ。
でも、食事中に流しのおじさまがsabor a miを歌ってくれたので幸せでした。

高地のため、夜は冷えて15度位ですが、ホテルのシャワーが壊れていて少量のぬるま湯しか出ず、水修行。鳥肌ってこの事⁈
しかも、窓が開いたまま気がつかずに寝てしまい…
寒いよ部屋が
標高2200m

翌朝、肉系女子は朝食にステーキを食べていましたが、わたくしは早食いしたバナナかパパイヤに当たったか、急なゲリラ戦となった為、ツアーバスに1度乗ったものの肉女子達を残しドロップアウト。
腹が祭りのため血の気が引いて、何故か鼻血も出てくる中(高山病)、目指すトイレは心臓破りの坂の上、、このレベルの修行は、わたくしには辛すぎます。

2時間休んで、なんとか歩けるようになり、再び合流してランチの時間。
肉女子が、「なんか顔が青いよ、コレならお腹に響かなくて良いから」と気を遣って出て来たのは、季節限定幼虫唐揚げ。(高級品)
この体調下では絶対ムリ。チキンスープで勘弁。
肉女子は、幼虫を大きめスプーンに乗せた後にチリソースを2杯ぶにゅーとかけ、レモンを絞り、大量の塩を降り、一口でガオーっ。5〜6回はやっていました。
よりによって肉女子が運転手なので帰りに高血圧の発作とか起こさないか不安がよぎります。。

もう一つ、メキシコは野良犬が多く、1人お散歩中の犬をよく見かけます。予防注射なんて絶対していないので危険です。帰り際に、坂の上から車に向かって怒って並走している茶犬を発見。
坂を降りた所で、どこかの子供が、そのチャを手なずけて、ペット化しているではありませんかっ︎
最後の誇らしげなショットは、貴重な一枚です。

肉女子よ、素晴らしい体験をありがとう!
ネタは尽きませんが、この辺りで…

IMG_2070.JPGIMG_2050.JPG
IMG_2093.JPGIMG_2086.JPG
posted by ちいさなスペイン語教室 at 15:14| AIのつぶやき