2018年04月25日

バレンシア(3)より

スペイン・バレンシアへ短期留学中の生徒さんよりレポート第3弾ですぴかぴか(新しい)
Nobuさん、ありがとうございます!!

ーーー
AI先生〜!ここスペインも少し春らしくなりましたが、まだ朝晩は冷えます。
それでも、日中日差しがでて、暖かく感じられる日などには、半袖、ノースリーブで歩いている人も見かけます。ここの人鈍感なのか、皮下脂肪が厚いからか?欧米人は寒さに強いです。
バレンシアの街、中世からの城塞都市、南は海で以前は西から北、そして東の方へと大きく迂回するようにトゥリア川が流れていました。
70年ほど前に、トゥリア川が氾濫し、大きな被害を被ったことから川は迂回され、元の川筋は緑地公園となってます。
DSC01579.jpgIMG_0536.jpg

城塞都市バレンシアの城壁は、全て取り壊されて、今残っているのは、城塞の門が2つだけで、城塞内の、旧市街地の建物は中世の面影を残していますが、旧市街の外には、近代的なビル群が見られ、特に、旧トゥリア川の川床を利用して建てられた、芸術、科学都市は、近未来を思わせる斬新な建築群が見られます。写真は、バレンシア市庁舎とセントロ(中心街)の街並みです。

もう2枚は街の中心街を離れた、郊外の近未来建築。
この辺りには、近未来的な建築物が見られ、芸術、科学都市と呼ばれています。
オペラハウス、科学技術博物館、プラネタリウム、ヨーロッパ最大の水族館等々、中世の街並みとは対照的な近未来建築群もお送りします。
DSC01698.jpgDSC01696.jpg
posted by ちいさなスペイン語教室 at 21:41| お知らせ

2018年04月16日

展覧会情報

日・エクアドル外交関係樹立100周年
「古代文明への旅 ―アステカ、マヤ、インカまでの道のり―」
http://www.nichido-museum.or.jp/exhibition.html

会期:2018年3月17日(土)〜5月20日(日)
*HPより
日本・エクアドル外交関係樹立100周年を記念して開催される本展は、中南米地域の古代の人々が作った土器、土偶、織物などを展示し、中南米の古代美術を紹介します。
1万4000年ほど前に人類は古代のアメリカ大陸に初めて足を踏み入れましたが、やがてメキシコなど中米地域にはメソアメリカ文明が、ペルー、ボリビア、エクアドルなど南米地域にはアンデス文明が興ります。これらの文明の起源はまだ研究の途上にありますが、エクアドルに展開したバルディビア文化(紀元前4350年〜前1500年頃)は最古の土器文化の一つであると考えられており、文明の成り立ちを解明する上で重要な研究対象になっています。そして、16世紀にスペイン人がアステカ王国、マヤ文明、インカ帝国を征服するまで、各地で多種多様な文化が盛衰し、独特な世界観を生み出していきました。彼らの生きた軌跡は建造物や彫刻、土器、織物などの形で残り、我々を魅了し続けています。
本展では、BIZEN中南米美術館の貴重な収蔵品を中心に、バルディビア文化からアステカ王国、マヤ文明、インカ帝国までの長い道のりの中で作られた美術品を紹介し、芸術という観点からベールに包まれた古代文明に迫ります。

わーい(嬉しい顔)日本最大級だそうです。少し遠いですが、GWの候補にどうぞ。
Yukaちゃん、情報ありがとうございます!
posted by ちいさなスペイン語教室 at 10:08| お知らせ

2018年04月11日

バレンシアより

現在、スペインへ短期留学中の生徒さんよりレポートが届きました。
つい数日前に「バレンシアの日」のお祭りに参加されたようです。
Nobuさん、ありがとうございます。スペイン満喫してくださいね。
わーい(嬉しい顔)次回レポートもたのしみにしています。
+++++
先生、Hola〜!
カテドラルに向かう大通りでは、中世の衣装で着飾った女性と子供たちのパレード、その後ろに、黒服、一部モーニング姿の男性が続き、さらにその後ろから黒服のブラスバンド。

パレードは、幾つかのブループに分かれていて、各グループの先頭には、何かの紋章の旗、又は、守護聖人ビセンテ・フェレール刺繍画、花飾り等々ヨーロッパの古くからある街には、それぞれの街、村の紋章があるようなので、パレードの先頭の旗は、それらの紋章なのかも。

11時頃、教会の鐘が一斉に鳴り始め、町中の教会の鐘が鳴っている感じ。そんな中、パレードは途切れることなく続ています。カテドラルには更に大勢の人また人、12時には、カテドラルのベルタワーからは、一段と大きな鐘の音。カテドラルの後ろが広場になっているので、皆さんそこから、隊列を組んでパレードを始めているようです。

カテドラルの周囲は、人で溢れていましたが、カテドラルの中では、静かにミサが執り行われていました。牧師さんの話の合間に演奏されるパイプオルガンと、オルガンに合わせて歌われる賛美、パイプオルガンとテノールの歌声がとても印象的でした。
パレードの写真を送ります。
P1.jpg
posted by ちいさなスペイン語教室 at 20:05| お知らせ