2017年07月20日

夏本番です!

Buenos días. ついに梅雨明けしましたね!
晴れこれから夏本番!体調に気をつけてお過ごし下さい。
***

この所、皆さんにご協力頂き、現地に持っていく鶴を折って頂いています。
鶴って言ったのに、カップケーキ、飛行機など勝手に折って遊んでいるではありませんかっわーい(嬉しい顔)ja ja ja
でも、中には信じられないくらい完成度が高いロボットなどが入っていて夢のようです。

先週、カメラやぴょんぴょんカエルを伝授してくれた方々、本当にありがとうございます。
皆様のご協力に感謝!この場を借りてお礼申し上げますぴかぴか(新しい)

今日は子供が「風船」の作り方を教えてくれることに。
この間教えてもらったものの、あっと言うまに忘れてしまいました。。
手(グー)今度こそ覚えて、メキシコ人達の熱い「マエストラ!!」コールに応えたいと思います。

IMG_1930.JPG FullSizeRender.jpg
posted by ちいさなスペイン語教室 at 09:26| AIのつぶやき

2017年07月18日

第2回ボリビアフェスティバルのお知らせ

日程:8月13日(日)
墨田区立隅田公園 自由広場 
*入場無料
この日のために、ボリビアからアーティストが多数来日するようです。
ボリビアというと(ペルーやメヒコと比べて・・)馴染みがあまりないかもしれませんが、民族舞踊などが有名ですよね。お近くの方は足を運んでみて♪

公式HP
http://boliviafestival.com

boliviafest17esjp-1.jpg
posted by ちいさなスペイン語教室 at 22:58| お知らせ

2017年07月07日

生徒さんのスペインレポート3

今朝のスペイン国営放送は、「サンフェルミンの牛多い祭」がヘッドラインです。
このお祭りの起源は中世にさかのぼるのですが、パンプローナの2人の後援聖人の1人であるサン・フェルミンを記念しての宗教行事です。バレンシアの火祭り(3月中旬)、セビリアの春祭り(主に4月後半)と並び、スペイン3大祭りのひとつ。
現在スペイン短期留学中のNobuさんもちょうど明日からパンプローナ入りのようでレポート第三弾が届きました。
わーい(嬉しい顔)ありがとうございます!!牛追い祭り、赤いスカーフを巻いて楽しんでくださいね。
800px-Pamplona_Sanfermines_Calle_San_Nicolas.JPG
画像:Wikipedia

*****
先生、こんにちわ!
いつも8時ギリギリまで寝ているホストファミリーのMarianが、8時前から起きてソワソワしている、なんでかと思ったら、牛追いが8時から始まるとか。サンフェルミン祭の初まりは、正式には昨日の午後12時。
12時ちょうどに、音と煙だけの花火が打ち上げられてスタート。このお祭りの衣装は、白の上下に首に巻いた赤いスカーフ。開催の合図とともに、全員が首に巻いた赤いスカーフを両手で万歳をするように高く掲げて大きな叫び声。それが12時開催時には上から見ると道に溢れる程の大人数の多くが、白シャツではなく赤いピンク色に染まっている。

飲んでいる赤ワインがこぼれたのか、お互いにワインを掛け合っているのか、とにかく白シャツより、ピンクの色の方が多く見られます。
お祭りに、酔払いが多く見られるのは、どこの国でも同じなのかもしれません。笑
お酒に弱い人はCalimocho カリモッチョと呼ばれる、ワインをコーラで割った飲み物を飲んでいるようです。
実際に、牛追いが始まるのは、7月6日(今日)の午前8時から。それが、7月14日まで続きます。
昨日の開会式、その後のお祭り騒ぎで、飲みすぎた人、酔払いは、当日の牛追いに参加できないことになっているそうですが、どこまでチェックされるのかは?

体重何百キロもある、12頭程の牛の前を走るのですから多少の危険は避けられないでしょう、今朝の1回目の牛追いでも、牛の角に突き上げられて、高く舞う人も見られ、3人が牛の角に突かれてかなりの傷を負ったそうです。中には、前を走っていて、すぐ後ろからかけてくる牛に踏みつけられていく人も見られます。
過去には、死者も出たそうですが、その多くが圧迫死だそうです。大勢が走ってくる前を、競争して走るのですから、一人が転けたら、折り重なって転けるわけです。
特に、牛が走る道から、闘牛場に入る入り口が少し狭くなっているで、ここで渋滞して過去に何回か多くの負傷者が出たそうです。

私は、明日パンプローナに移動。
パンプローナの駅に着くのが、午後16時過ぎ、朝の牛追いの興奮から少し冷め、夜のバルでの飲み歩きの狭間の時間帯、馬鹿騒ぎしている人に出会わないよう願っています。
それではまた!
posted by ちいさなスペイン語教室 at 21:44| お知らせ

2017年07月06日

Leer y Cocinarレポート(julio)

先週末はお料理会「Leer y Cocinar」でしたぴかぴか(新しい)
今月はメキシコ前なので、タイトルは「メキシカンパーリィー」
材料はこんな感じです。
Clase de Español_8203.jpgIMG_1840.JPG

メインはチポトレソースを使ったTinga de pollo。
サイドはメキシコの大地をイメージしたサラダとチーズタコス(Quesadilla)です。
紫玉ねぎのエスカベッシュは簡単で美味しいので是非試して見てくださいね。
「今月のレシピは先月より簡単に訳せました〜」おおっ!!
レシピは繰り返しの表現が多いので、段々慣れてくると辞書なしでいけますぞ。
今月もキッチンにはエキゾチックな香り!が漂っていていました。
お疲れ様でした。素敵な写真、いつもありがとうございますわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

Clase de Español_8211.jpgClase de Español_4390.jpg
IMG_1837.JPGClase de Español_2428.jpg
Clase de Español_3133.jpgClase de Español_2137.jpg
Clase de Español_2045.jpgIMG_1849.JPG

posted by ちいさなスペイン語教室 at 10:52| ワークショップ

初夏の予感

Buenos días.晴やかな夏空です。あっと言う間に、もう7月!
最近はスペイン語ガイドのミーティングに行ったり、ベネズエラ大使館で打ち合わせなど若干バタバタしていました。
お教室のゴーヤにも花が咲き、エントランスには初夏のアレンジを飾っています。
今月は、土曜クラスのAkiちゃん(muchas gracias揺れるハート)から頂いたベトナム土産のお茶を飲みながらホッコリお勉強しましょう。

先週と今週、集中レッスンで遠方から生徒さん(ご夫婦)がいらっしゃりました。
奥様が歌で、旦那様がギタリスト・・猫犬
「スペイン語の発音は難しい〜〜、でも楽しいですね♪♪」
「あー、今日も勉強した〜〜!!」帰り際のお2人の笑顔が大好きです。お疲れ様でしたわーい(嬉しい顔)

今月は色々イベントが控えていまして、来週は新宿で年に一度のイベントです。
生徒さんにもヘルプ頂きますぴかぴか(新しい)いつもありがとうございます。
Kanaちゃん、Keikoちゃん、どうぞよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

IMG_1869.JPGIMG_1867.JPG
FullSizeRender.jpgIMG_1860.JPG

***
最近のアート活動のご報告。
ピアニストの生徒さんの名刺用に描きました♪
現在デザイナーさんにデザインして頂いています。
わーい(嬉しい顔)かおりん、益々のご活躍を!
FullSizeRender 3.jpg

こちらはカルチャーの看板をスペインのマジョルカ焼で・・
FullSizeRender 4.jpg
posted by ちいさなスペイン語教室 at 10:22| AIのつぶやき

2017年07月04日

生徒さんのスペインレポート2

スペイン・サラゴサ滞在中のNobuさんよりレポート第2弾。
わーい(嬉しい顔)バル巡りの写真も素敵ですね。ピンチョスいいですね〜ぴかぴか(新しい)雰囲気が伝わって来ます。ありがとうございます!!

***
AI先生、おはよう!
今、こちらは夜の9時半、と言っても外はまだ明るいです。
この週末に、ホストファミリーと出かけたバル巡りです。
週末は、午後早い時間から、バル街は人また人で一杯、スペイン独特の風景なのです。
週末に、ホストファミリーのご夫婦とバルを散策することになり、散策と言っても、要は飲み歩きです。
夕方7時頃に家を出て、まず彼らの行きつけのバルへ。
この時間でも、店はほぼ満席。まず、テーブル探し、小さなテーブルを見つけて、席を確保し、それからワイン。

世界のワインの生産量は、スペイン、フランス、イタリアがトップスリーで、どこの国が1番かは、年により変動しても、トップスリーの座は不動のようです。
そんなですから、スペインの人はワインばかり飲んでいるのかと思っていたのに、若い人はビールを飲んでいるのをよく見かけます。年配の人が飲んでいるのは、ワイン、それも、赤ワインが多いよう。

おつまみ、私に何を食べたいかと聞かれても、スペイン語で料理の名前(素材)なんか、わからない、、で、ショウケースの中に並ばれている、ピンチョスを、適当に指差して注文。
この店のおつまみはピンチョス、他にタパスと呼ばれるおつまみもあります。
ピンチョスは、サンセバスチャンのバルが、小さいおつまみに爪楊枝を刺して、食べやすくして出したのが始まりだとか、タパスもおつまみですが、パンの上に小さなおつまみを乗せたもの、、、いずれも、フィンガーフード。

5年程前に、サンセバスチャンで見たピンチョスは、確かに小さな爪楊枝が刺してあったように思いますが、ここのピンチョスは一口ではとても食べられない大きさ。
爪楊枝ではなく、大きな、特大の串が刺してあります。
大きなピンチョスを、数種類注文し(イカフライ、手長海老、なんかわからない白身の魚、生ハムとオニオンフライとチーズ)、それぞれを3人で切り分けて、ワインのつまみに、、、

この店の、お勧めがカタツムリだそうで、ここに乗せた写真の黒板に、カタツムリの絵が書いてあるのが、今日のお勧めです。
昔、フレンチの店で、勧められてエスカルゴを食べたことあります。でも、全く美味しいと思えなかったので、いくらホストファミリーに勧められても、私はパス。
この後、別のタパスの店へハシゴ、家に戻ったのは11時過ぎでした。

初めの写真は、セントロに近いバル街、午後の3時頃に撮った写真、2枚目は、陳列されているピンチョス、それから、バル内の黒板、本日のお勧めの案内。
Bar 街 DSC00863.JPG

Barピンチョス1DSC00876.JPG

Barお勧めDSC00872.JPG
posted by ちいさなスペイン語教室 at 23:58| お知らせ

2017年06月30日

生徒さんのメキシコレポート

毎年メキシコ(Puerto Escondido)の海でサーフィンをしているChitoseちゃんから素敵な写真レポートが届きました。
今年は偶然にも亀の産卵と遭遇したようで何百という亀亀亀!!!の写真は圧巻です。

初めはメヒコでボクシング、そのあとはメヒコでプロレス、現在はメヒコの海でサーフィン!
もはや運命はメヒコと共にあるChitoseちゃんですが、様々な目標を持って前進する姿に私も刺激を受けました。今後とも益々のご活躍を!!わーい(嬉しい顔)ご本人の許可を頂き写真を掲載させて頂きます。

かっこよすぎるChitoseちゃん黒ハート
S__7708845.jpg

「亀の産卵」この映像・・なかなか見れないよね。
S__7708853.jpg

S__7708860.jpgS__7708857.jpg
S__7708882.jpgS__7708884.jpg
S__7708887.jpgS__7708885.jpg
S__7708893.jpgS__7708909.jpg
posted by ちいさなスペイン語教室 at 23:56| AIのつぶやき

2017年06月27日

生徒さんのスペインレポート

サラゴサに短期留学中のNobuさんから現地レポートが届きました。
マドリッドとバルセロナの中間地点にあるサラゴサは「水の都」として知られています。
世界で初めて聖母マリアに捧げられたピラール教会や世界遺産にも登録されているアルハフェリア宮殿など見所満載です。

***
3a339c8a618ef352edeadc0780fe69ba.jpg
画像出典:wikipedia

先生、こんにちわ!
私は先週の土曜に、マドリッド着。マドリッドでは、気温40度+と熱波でしたが、
今、サラゴサに来ていますが、ここでも日中の気温は37、8度と、例年にない猛暑。
夜の9時くらいが夕方で、それから、徐々に気温も下がり、夜は25度以下には下がるので、
夜は過ごしやすいです。

ここサラゴサは、ゴヤで知られています。
ゴヤはサラゴサ近郊の村で生まれ、14才からサラゴサで絵の勉強を始めたとか。

昨日はゴヤ美術館へ行きました、ゴヤの油絵は少なく、それでも、
ゴヤの銅版画はこの美術館に全て収録されているそうです。
この時期、ダリの銅版画も同時に展示されていて、ゴヤの銅版画は無色なのに対し、
ダリの銅版画はほとんどが着色されているもの。
銅版画は、小さいので、たくさんあっても見るのシンドイですね!(笑)

ゴヤの作品の中で、残酷なものが多く見られますが、これは、
大国フランスとイギリスの間に挟まれて、戦争に巻き込まれたことから、
ゴヤが見た戦争の恐ろしさを、絵画に表したものなのでしょう。

スペインの40、50才代の人達、英語を話す人は少ないですが、
最近は、英語教育は必須とされていて、公立の小学校でも、
1年生から毎日1時間の英語の授業があり、小学校を卒業する頃には、
日常会話はほとんど問題なく話せるようになっているようです。

良い仕事につくには、英語は必須と思われていて、サラゴサ市内でも、英会話学校の看板を見かけます。
それなのに、観光案内所に行っても、英語でのツアーの案内は、ほぼ皆無、、、

今日は、なんとかの聖人の日で、1年に一度全ての美術館が、無料で夜遅くまで開いている日!
場所によっては、夜10時くらいからコンサートが始まり、それが、真夜中過ぎまで続く。

だいたい、スペインの人は夜更かしで、食事時間も遅いんです!
お昼は、午後1時からでないとレストランは開かない、普通の人がお昼を食べるのは、
午後2時くらいから、夕食は夜の9時過ぎ。普段から、夜更かしなのに、
週末は特に、夜遅くまでバルで飲んでいる人が多い!!!

お昼には、Menú del día(本日の定食)をよく食べますが、前菜に魚又は肉料理とデザート、
グラスワインまで付いてくる。私は、昼間からワインを飲む習慣はないですが、ついついワインを飲んでしまいます。

今夜は、ネットで見つけた、サラゴサ市内のウオーキングツアー。
夕方6時から2、3時間とツアーです。その後はバルでワインですかね・・・

***
わーい(嬉しい顔)Nobuさん、ありがとうございます。
スペイン&バル満喫してくださいね!!
posted by ちいさなスペイン語教室 at 12:21| お知らせ

2017年06月21日

「折鶴プロジェクト」レポート

2013年よりメキシコで開催してきました「折鶴プロジェクト」
今年は初めてぴかぴか(新しい)東京でも開催しました。
IMG_1778.JPG

参加者は、チリ、ベネズエラ、コロンビアの子供達とお母様。
初めて見る紙芝居と折紙に興味津々で賑やかな会となり
とても貴重な機会でした。ありがとうございました!!
来月はメキシコにて開催ですっ手(グー)お〜〜〜

DSC_0148.JPG

DSC_0103.JPG
posted by ちいさなスペイン語教室 at 23:28| ワークショップ

「マヤの恵」セミナーレポート

今週、メキシコ大使館主催のクッキングセミナー「マヤの恵」へ参加しました。
シェフはTORO TOKYOの古河シェフ!

今回のセミナーでは南部ユカタン半島のお料理を中心に紹介があり、珍しくマンゴーのcevicheも!
Cevicheというとペルーのイメージが強いですが、メキシコの物はチリやトマトを入れたり、ユカタン地域では新鮮な魚を塩とライムで頂くそう。
他にもsopa de lima, バナナの葉に包んで焼くcochinita pibilをライブぴかぴか(新しい)で紹介して頂きました。
専用の機械でtortillaを伸ばし若干火傷しながら焼いているシェフ。「あっ、アチチっ」ドコモポイントValiente
メキシコでは7000年前から、3大材料である豆、トウモロコシ、チリを食べていて、現在は1日に7枚トルティージャを食べないと健康でいられないっと言われているetc..が紹介されていました。

メキシコと日本の友好関係が始まったのは400年前。
日本が西洋と結んだ初めての平等条約(修好通商航海条約)がメキシコだったんですね。
世界へ輸出されるメキシコの農産物世界市場シェア1位は、アボカド、パパイヤ、スイカ⁈などですが、最も需要があるのはトマト、ビールなどなど色々勉強になりました。

2010年に、ユネスコ無形文化遺産に登録されたメキシコ料理。
以下のページに様々な料理や食材の紹介がありますのでご覧くださいませ。(英語・スペイン語)
http://venacomer.com.mx

IMG_1747.JPGIMG_1763.JPG
IMG_1767.JPGIMG_1766.JPG
posted by ちいさなスペイン語教室 at 22:56| AIのつぶやき